システム部門受賞作品
MF240T.png
winnerlogo.png
最優秀賞
MF240T「時間割くん」
林 由紀 情報処理学科テクニカルコース 2年

<授与>表彰状

​学校と協賛企業から副賞授与

MF233T.png
winnerlogo.png

<授与>表彰状

​学校と協賛企業から副賞授与

優秀賞
MF233T「疑似言語変換システム」
山本 優太 総合情報メディア学科 ネットワークセキュリティ専攻 2年
MF236T.png
winnerlogo.png

<授与>表彰状

​学校と協賛企業から副賞授与

佳作
MF236T「OIC BBS」
野間康平(リーダー)総合情報メディア学科 ネットワークセキュリティ専攻 2年/堀川 尚暉/森下 楓也/善積 知紀/廣中 大輝/生駒 楓/渡邊 高行/畑中 柊人
MF235T.png
winnerlogo.png

<授与>表彰状

​学校と協賛企業から副賞授与

佳作
MF235T「健康管理システム」
加藤 龍(リーダー)総合情報メディア学科ITスペシャリスト専攻 3年​/榎本 佑哉/上林 捷吾/緒方 駿/川島 耀/磯崎 一公也
外部審査員(順不同):株式会社あじょ・辻之内 泰章 様/日本情報産業株式会社・杵渕 哲雄 様
<システム作品審査総評>

システム部門は例年と比べて手堅くまとめた作品が多かったように思います。そのような中、これまでに学んだ技術を活かした作品や学びに着目した作品が出品されるなど、コロナ禍でも学習への取り組みに対する創意工夫の試みが見受けられ、今後の成長が期待できます。